歯がない部分の治療

歯がない部分への治療について

歯を失った場合、そのままにしておくと様々な問題が発生し、残った歯に悪影響を及ぼすことがあります。お口の健康を保つ為には、適切な修復処置が必要となります。ご自身の歯を1本でも多く残すため、お気軽に当院スタッフにご相談下さい。

インプラント治療

  • 顎の骨に固定します。他の方法と比較して、違和感が少なく噛むことができます。
  • 隣の歯を削る必要がありません。
  • 両隣の歯に負担をかけません。
  • 見た目が天然歯に近くなります。
  • インプラントを顎の骨に埋め込む手術が必要です。
  • 全身疾患がある場合にはできないこともあります。
  • インプラントを維持する為には充分な口腔衛生の管理と定期的な検診が必要です。
  • インプラントは保険適用外であるので自由診療となります。
  • 手術の難易度、埋入本数等により必要な費用が算定されます。
  • お口の状態・骨の状態によりインプラント治療ができない場合もあります。
  • 他の2つの方法より完成までの期間が少し長くなります。

ブリッジ

  • 固定式であるため、違和感が少ない方法です。
  • 方法や材料によっては、審美的な修復が可能です。
  • ブリッジを支え、固定する為に、たとえ健康な場合でも両隣の歯を削る必要があります。
  • 支えになる歯は負担が増えます。
  • ポンティック(ブリッジの下の部分)の下部の歯肉との間の清掃には注意が必要です。
  • 空気がもれて発音が困難になることがあります。

入れ歯

  • ブリッジでは適応できないような大きな欠損に有効です。
  • ブリッジのように健全な歯を大きく削らずに補えます。
  • 隣の歯への負担が多くなります。
  • 噛む力は健康な状態に比べて30~40%くらいしか回復できませ。
  • 取り外してお手入れができるので清潔に保ちやすい方法です。
  • 違和感は他の方法と比較して感じやすくなります。
  • 食べ物が停滞しやすい部分ができるので、清掃には注意が必要です。

※ブリッジ、入れ歯は従来の治療方法です。
使用材料により保険適用外のものは自由診療となります。

インプラント治療についてもっと詳しく

インプラント治療についてもっと詳しく知りたい方は当院が監修した~良質な歯科治療で自然な笑顔、快適な生活を~のインプラントページをご覧ください。