医療機器

歯科用CT

従来の撮影(2D),CT画像(3D)

皆様は歯科用にもCT(レントゲン)があることはご存知ですか?従来のレントゲンは平面(二次元:2D)で表示されていましたが、CTでは歯や顎を立体(三次元:2D)で表示することがでます。そのため、より正確な診断が可能になり、治療精度の向上に役立てることができます。当院ではCTを特別な機械として特殊な症例に用いるのではなく、根の治療・歯周病の治療・インプラントなど様々な症例で活用するため、導入しています。

このレントゲンの撮影は一部保険適応ではありません。また機械がとても高額なため、大学病院や一部の開業医に導入されている程度です。皆様には通常の治療費の他に別途、撮影・診断料をお支払い頂くこともあります。

当院導入のCT:モリタ

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)

身近なものを顕微鏡で見てみると・・・

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)は、これまで脳外科・眼科・耳鼻科等で用いられていました。近年では歯科でも取り入れられてきています。
なぜ、マイクロスコープが歯科においても重要なのかというと…

歯の中の構造はとても小さいため、肉眼での細かな確認は困難です。特に歯の神経の入っている管は全て同じ形状をしているわけではなく、歯ごとに異なっています。管はいくつにも枝分かれしていたり、癒合(ゆごう)してくっついていたりするものもあります。

また、噛んだり磨り潰したりすることで歯には強い力がかかります。食器同様に、日々使用することで細かな傷がついたり、ひびが入ってわれてしまったりすることもあります。歯の亀裂の入り方や割れ方によっては、肉眼での確認は困難であったり、エックス線写真でも認めにくいものもあります。

そこで、より精密に診査・治療を行うために、当院ではマイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)を導入しております。見たい部分を明るい光で照らしながら、顕微鏡で大きく拡大して観察できるため、肉眼での診査より、詳しく歯の状態を知ることができます。

当院導入の顕微鏡:Carl ZeissLeica

  • 歯を鏡で見たところ
    (通常の肉眼での観察時)
  • 上の歯を顕微鏡で拡大したところ
    (根の管の入り口や管の中を観察中)

口腔内カメラ(ペンスコープ)

先端がカメラになっています

当院では、現在の歯の状況や治療の流れを理解していただくため、患者さんごとに一つずつ手鏡を用意しております。しかし、口の中は暗く、歯そのものの大きさも小さいため、わかりにくいことも少なくありません。この器械は先端に小さなカメラがついているため、お口の奥や歯の裏側などを簡単に撮影することができ、説明や状態の記録に役立ちます。

  • 下顎の歯の写真です。
    一番奥の歯の後ろ側までしっかり見えます。

  • 歯の裏側の着色が見えます。

ラバーダム(ゴムのシート)について

当院ではゴムのシートを使用して治療することがあります。

主に、歯の根の治療(根管治療)で使用します。唾液の中にはたくさんの細菌がいますので、歯の根を消毒する時に、唾液が根の中に入ると、なかなかきれいになりません。
このような唾液の付着を予防し、できるだけきれいな状態で治療するためにゴムのシートを使用します。
根の中をきれいに洗浄するための消毒薬がお口の中へもれるのを防ぐことなども利点としてあげられます。
欠点としては、装着中は開口状態が続くこと、慣れないと息苦しく感じられることもあること、お口の中が乾燥しやすくなることもある、等です。この方法は、小児の治療や、むし歯部分を接着性の詰め物で修復する時にも、使用することがあります。
(接着性の材料は唾液や水分、血液に触れてしまうとその接着力が十分に発揮できなくなってしまうため。)

  • ゴムのシート
  • 金属のクリップ

装着方法

治療する歯やその周囲の歯に、ゴムのシートを装着するための金属のクリップをつけます。ゴムのシートがはずれないようにとめるため、歯が少ししめつけられるような圧迫感や痛みを感じられるかもしれません。治療中、お口の中にたまる唾液を吸うために、唇のわきから管をつけさせていただきます。唇が少し引っ張られる感じがするかもしれません。
※ゴムのアレルギーのある方は事前にお知らせ下さい。

ラバーダム(ゴムのシート)の装着について

拡大鏡

より細かく精密な治療を行う際は、拡大鏡を用いております。マイクロスコープほどの高倍率にはなりませんが、肉眼と比較してきめ細やかな治療が可能になります。