院長のブックレビュー

「書斎の鍵」

2020/06/23

本を読むことが、とても「良いこと」「大事なこと」であるように思わせてくれます(笑)。待合室に本棚はありますが、僕もいつか書斎をもちたいなと思いました。「本はアナログで」と思っている方も是非どうぞ。本の良さを再認識できます。

続きを読む

「マラソン」

2020/06/04

ランニング好きとして読んでみました。読んで納得。いつも言われていることを再確認しました。「メリハリをつけた練習にする」「練習の意味を考えて練習をする」いつかフルマラソン出るなら日々のランニングが練習のための練習にならないようにしないと。。。でも趣味のランニングだし。。。。どこまでやろうか考えちゃいます。でも、読むとすぐその気になる自分がいました。

続きを読む

「心がスーッと軽くなるいい話」

2020/05/28

ちょっといい話が一杯。おそらくすべて実際の話だと思われるので、読むと自分も実際に経験したように幸せな気持ちになります。

続きを読む

「日本講演新聞」

2020/03/06

いつも興味深く読んでいる「みやざき中央新聞」。今回も内容、盛りだくさん。読むと気持ちが豊かになります。今年から「日本講演新聞」に名前が変わったようです。どんどんメジャーになっていく感じです。「知る人ぞ知る」新聞でも良かったと思いますが、今後の発展を期待しています。

 

続きを読む

「平穏死」のすすめ

2020/02/09

とても考えさせられます。自分もどうなるか。。。

続きを読む

「生き物の死にざま」

2020/01/10

とてもいい本です。「生きる」ってなんだろうと考えさせられます。

続きを読む

「人が病気になるたった2つの原因」

2019/12/18

対症療法でなく、根本的な問題に目を向けないといけないことを改めて感じます。自分の生活習慣も見直さないと。。。。

 

続きを読む

「訳せない日本語」

2019/11/16

日本語の奥深さを感じます。

続きを読む

「絵でわかる感染症」

2019/10/30

表紙と内容のギャップがいいです。難しい内容もわかりやすく書いてあります。

 

続きを読む

「みやざき中央新聞」

2019/09/05

とっても良い話が満載。今度紹介された本を読んでみようと思います。また、「自分の時間がない」の状態は、自分にとって幸せな状態の1つなのかなとも思いました。

続きを読む