TOPICS

「天の瞳 幼年編 1」

「常識」とは?、「個性」とは?。とても考えさせられます。子供と一緒に読みました。僕は「大人の目線(保育する側)」でこの本読み、子供は「子供の目線(保育される側)」で読みました。同じ本でも、ずいぶん感想が異なり、驚きました。子供を見る目を少し変えて見ようと思います。また、このような本の感想を子供と話せるようになったことに...

続きを読む

イシヅカデンタル フェイスブックを更新しました

院内のディスプレイを変更しました。FaceBookページはこちら

続きを読む

「カラフル」

子供と一緒に読みました。生きていることを「ホームステイ」と捉える。もう少し日々の姿勢を気楽にしてもいいのかなと思いました。サクサク読めました。

続きを読む

イシヅカデンタル フェイスブックを更新しました

例会に参加してきました。FaceBookページはこちら

続きを読む

「みやざき中央新聞」

「いくつになっても新しいことに向かう力を、だってこれからの人生を考えると今が一番若いのだから。」これからもがんばっていこうと思いました。

続きを読む

イシヅカデンタル フェイスブックを更新しました

院内のディスプレイを変更しました。FaceBookページはこちら

続きを読む

「どこかで誰かが見ていてくれる」

仕事に対する考え方、生き方にとても興味がわきました。スターになるの一握り。でもスターだけ良い映画は成り立たない。その周囲を支えている人達の奮闘が描かれています。映画に携わる人々がとても魅力的です。

続きを読む

「みやざき中央新聞」

今回も良い言葉が満載。「読書とは、偉い人と2人で向き合うこと。分からないことはもう1回めくりなおせばわかるよ。立派な人がお前のペースに合わせて話してくれるのが読書だよ。だから読書が好きな人になりなさい。」心に響きました。これからはそのような気持ちを持って読書をするのも良いなあと思いました。早速自分の子供に言いました!

続きを読む

開院15周年を迎えました

FaceBookページはこちら

続きを読む

「悪医」

「ガン」に対し、それぞれの立場の人がどのように病気を捉えるか、様々な視点から書かれています。今後,自分がどのように患者さんに対応するべきか、とても考えさせられる内容でした。正解はないと思いますが。。。

続きを読む