手術用実体顕微鏡について

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)を使用した治療について

拡大すると

マイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)は、これまで脳外科・眼科・耳鼻科等で用いられていました。近年では歯科でも取り入れられてきています。
なぜ、マイクロスコープが歯科においても重要なのかというと…

歯の中の構造はとても小さいため、肉眼での細かな確認は難しい部分です。特に歯の神経の入っている管は全て同じ形状をしているのではなく、歯ごとに異なっています。管はいくつにも枝分かれしていたり、癒合(ゆごう)してくっついていたりするものもあります。

また、噛んだり磨り潰したりすることで歯には強い力がかかります。食器同様に、日々使用することで細かな傷がついたり、ひびが入ってわれてしまったりすることもあります。歯の亀裂の入り方や割れ方によっては、肉眼での確認は困難であったり、エックス線写真でも認めにくいものもあります。

そこで、より精密に診査・治療を行うために、当院ではマイクロスコープ(手術用実体顕微鏡)を導入しております。見たい部分を明るい光で照らしながら、顕微鏡で大きく拡大して観察できるため、肉眼での診査より、詳しく歯の状態を知ることができます。

  • 見たい部分を明るい光で照らしながら、顕微鏡で大きく拡大して観察できます

  • 歯を鏡で見たところ(通常の肉眼での観察時)

  • 左の歯を顕微鏡で拡大したところ(根の管の入り口や管の中を観察中)