歯内(歯の根)の治療

歯内(歯の根)の治療について

目には見えない部分ですが、丁寧かつ精巧な技術を要する、大事な治療の一つです。

歯の根の治療?

図1詰め物(白または金属)

「歯の根の治療」はどのようなイメージがありますか?「歯の治療=削って詰める」という印象が強いため(右図1)、「根の治療」の具体的な内容は、あまりイメージがわかないというのが現状ではないかと思います。

歯の根の治療が必要になる症例は2種類あり、治療前の歯の状態により分類されます(下図2・3)。どちらもむし歯が大きく進行し、もともと歯の神経のあった部分まで細菌が侵入することにより治療が必要となります。

(図2)
むし歯が進行し、お口の中の細菌等が神経まで到達した症例です。歯髄(歯の神経・血管)は細菌感染し、管も汚染されます。特徴的な症状として冷たいものがしみる・熱いものがしみる・持続性の痛み・夜中に痛いなどが挙げられます。一方で、症状がなく進行している場合があり、レントゲンを撮ることにより発見されることもあります。
このような場合、まずむし歯の部分を除去し、その後根の中を消毒していきます。

(図3)
以前、歯の根の治療を受けた歯が、再度大きくむし歯になった症例です。詰め物と歯との境からむし歯になり、細菌が侵入し、根の内部や詰め物を汚染します。特徴的な症状として、咬んだ時の痛み、強い違和感、粘膜部の圧痛などが挙げられます。症状が重い場合、粘膜が大きく腫れたり、激痛を伴います。一方で、症状が無い場合でも、レントゲンを撮ることにより、骨の破壊が見つかることもあります。
このような場合、詰め物をはずし、根の中の消毒が必要になります。

当院における歯の根の治療(根管治療)について

ラバーダム(ゴムのシート)について

当院では、根の治療時にラバーダム(ゴムのシート)を用いております。
唾液中にはたくさんの細菌がいます。
根の中の治療中に唾液が入ってしまっては、なかなかきれいに消毒できません。そのため、治療する歯にレインコートをかけるようなイメージでゴムのシートをつけて治療します。
ゴムのシートをつけることでしっかり消毒できるだけでなく、使用する薬液がお口の中へもれにくくします。
(ゴムのアレルギーのある方は事前にお知らせ下さい。他の材質のものを用います。)

ラバーダム(ゴムのシート)の装着について

歯の根の管(根管)はとても小さく、複雑な構造をしており、肉眼では確認しづらいことがあります。
脳外科や眼科等では細かな処置を行う際に、手術用実体顕微鏡が用いられています。
根の治療も目で見えない手探りの治療でしたが、手術用実体顕微鏡を用いることにより、より細かな部分まで確認できるようになりました。
当院では、この手術用実体顕微鏡を導入しており、根の治療や歯の状況確認等を行っております。

手術用実体顕微鏡について

歯内(歯の根)の治療についてもっと詳しく

歯内(歯の根)の治療についてもっと詳しく知りたい方は当院が監修した~良質な歯科治療で自然な笑顔、快適な生活を~の根管治療ページをご覧ください。