むし歯の治療

むし歯の治療について

当院はむし歯のていねいな除去を心がけております。

むし歯とは・・・

お口の中にはたくさんの細菌が存在します。歯の表面に糖が付着すると細菌は増殖し、酸が産生されます。むし歯とは、この酸により歯が溶けてしまう(脱灰)ことです。むし歯はその大きさにより4種類に分けられます(下図)。

  • C1
    C1
  • C2
    C2
  • C3
    C3
  • C4
    C4
  • C1:歯の表面のむし歯
  • C2:歯の内部まで進行しているむし歯
  • C3:歯の神経まで達しているむし歯
  • C4:抜歯の必要性が高いむし歯

むし歯の原因とその対応

むし歯の要因になるものは三つあります。
(1)歯の硬さ(歯のむし歯に対する抵抗力)
(2)歯に付着する食物(細菌の繁殖のしやすさ)
(3)歯周囲の細菌の種類・数(むし歯を誘発する菌の量)です。
それら三つの複合でむし歯は発生・進行します。それぞれに対応があり、(1)フッ素の塗布(2)・(3)上手な歯磨き・洗口液の使用などが挙げられます。

常に言われていることではありますが、むし歯のケアの中で最も重要なのは日々の歯ブラシと思われます。歯ブラシで磨きにくい部分、(1)歯と歯の間、(2)歯と歯ぐきの境、(3)歯のかむ面の溝などにむし歯は好発します。

当院におけるむし歯治療について

中程度(C2)以上のむし歯の治療の際、当院では麻酔を用いています。これはむし歯除去時に痛みを感じないようにするためです。麻酔時の痛みを心配される皆様もいらっしゃいますが、当院では麻酔注入部を消毒した後、表面麻酔を行い、麻酔薬を極細の針(現在歯科で用いられている最も細い針)でゆっくり注入することにより、皆様のストレス軽減に努めております。

当院では可能な限りむし歯の部分のみを除去するため、むし歯の部分が赤く染まる染色液を用いてます。これにより、健全な部分の切削を最小限にとどめた治療が可能です。

かぶせ物・詰め物について

C1・C2のむし歯の場合、むし歯の部分を削ってつめます、歯の神経までむし歯が達している場合(C3)歯の根の治療となります。根の治療後は歯にかぶせ物をします。むし歯により歯が崩壊している場合(C4)は、残念ながら歯を抜くこととなります。歯を抜いた後は、義歯・ブリッジ・インプラントなどを考えます。

むし歯除去後に入れるかぶせ物・詰め物はむし歯の深さやむし歯の位置により異なります。保険内の治療では一般的に、前歯に関しては白い樹脂、奥歯に関しては金属または白い樹脂が用いられています。

当院では、保険診療の他に自由診療も行っております。自由診療で用いられる材料はセラミックやゴールドであり、生体適合性が高い、歯と色調が似ている、また材料の劣化もあまりないと言われています。

歯の詰め物、かぶせ物の種類についてはこちら

むし歯の治療についてもっと詳しく

むし歯の治療についてもっと詳しく知りたい方は当院が監修した~良質な歯科治療で自然な笑顔、快適な生活を~のむし歯治療ページをご覧ください。