歯とお口 豆知識

動画で見る歯の治療・病態

歯周病・むし歯の進行やその治療法をアニメーションでご覧いただけます。 また、歯のないところに歯をいれる方法も紹介しております。 (歯や歯ぐきの病態は様々あり、これらの動画は症例の一例です。実際の症状や治癒とは異なることがあります。)

歯周病の進行
歯と歯ぐき(歯肉)の境の汚れにより、歯ぐきは炎症を起こします(歯肉炎)。その状態が長期にわたると、歯を支える骨が減少し、だんだん歯ぐきがやせていきます(歯周炎)。

→詳しくは「歯周病とは」を参考にしてください

動画を見る

歯周病の治療とその治り方
歯周病の主な治療は、歯と歯ぐきの境に付着する汚れを取ることです。ご自宅でのケアはもちろんのこと、歯科医院で歯石をとることにより、だんだん歯ぐきが引き締まります。おおまかに汚れを取った後、歯ぐきが引き締まったところで、さらに細かい汚れをとり、最終的に表面を磨くと終了です。

→詳しくは「歯周病とは」を参考にしてください

動画を見る

むし歯の進行
歯の表面に付着した汚れをもとに、歯を溶かす酸を出す細菌が増殖します。動画では時間ともに歯が溶解し、細菌が侵入していくところを示しています。むし歯が歯の中央付近(神経や血管の入っている部分)まで達すると根の治療(根の中の消毒)が必要になります。

→詳しくは「むし歯の治療について」を参考にしてください

動画を見る

インプラントとは
歯がないところの顎の骨にチタン製の歯根を入れ、歯をかぶせる方法です。動画ではおおまかな治療の流れを表しています。埋めて、糸を取った後、土台を立てるまでは数カ月治癒の期間が必要です。

→詳しくは「歯がない部分への治療について」「インプラントとは」を参考にしてください

動画を見る

ラバーダム(ゴムのシート)の装着
根の治療などに用いる器具です。ゴムのシートに穴をあけ、治療する歯をその穴から出します。治療中の歯の中に、唾液中の細菌が入ることを防ぎ,清潔な状態で治療を行うことが可能になります。

→詳しくは「ラバーダムについて」を参考にしてください

動画を見る