歯とお口 豆知識

歯の詰め物、かぶせ物の種類

歯の状況に応じ様々なものがあります。

詳しくはこちら

歯の詰め物の種類(税抜)

白い詰め物

レジン充填(プラスチック)

長所
歯の色をしている。一回で治療が終わる。削る量が少ない
短所
強度が弱いため、適応部位が限られる。変色する。欠けることが多い
費用
約3,500円~
保険適用
(窓口支払いは三割負担 約1,000円~)

・ハイブリットセラミックインレー ・セラミックインレー

長所
歯の色をしている。変色が少ない。プラスチックよりも強度があり、比較的大きな欠損部にも用いることができる
短所
まれに欠ける
費用
30,000円~(ハイブリットセラミック) 40,000円~(セラミック)
保険適用
不可(窓口支払いは十割)
金属の詰め物

インレー(銀歯)(金・銀・パラジウム等の合金)

長所
金属なので強度が強い
短所
硬い金属のため、境からむし歯になりやすい。金属色。さびることがある
費用
約5,000円~
保険適用
(窓口支払いは三割負担 約1,500円~)

インレー(金歯) (金または白金)

長所
柔らかい金属なので歯にフィットし、境からのむし歯になりにくい、生体適合性が高い。さびにくい。金属なので強度が強い。
短所
金属色。
費用
40,000円~(小臼歯)・50,000円~(大臼歯)
保険適用
不可(窓口支払いは十割)

歯のかぶせ物の種類(歯の土台については別途費用がかかります)

金属のかぶせ物

銀歯(金・銀・パラジウム等の合金)

長所
金属なので強度が強い
短所
硬い金属のため、境からむし歯になりやすい。金属色。さびることがある。
費用
前歯:約16,000円~ 奥歯:8,000円~
保険適用
(窓口支払いは三割負担 前歯:約5,000円 奥歯:約2,400円~)

金歯(金または白金)

長所
柔らかい金属なので歯にフィットし、境からのむし歯になりにくい、生体適合性が高い。さびにくい。金属なので強度が強い。
短所
金属色
費用
100,000円~
保険適用
不可(窓口支払いは十割)

※歯の土台に別途費用が10,000円~かかります。(ファイバーコア)

歯の色のかぶせ物

ハイブリット、メタルボンド、オールセラミック

長所
歯の色をしている。変色が少ない
短所
まれに欠ける。
費用
70,000円~(ハイブリット) 100,000円~(メタルボンド) 140,000円~(オールセラミック)
保険適用
不可(窓口支払いは十割)

※歯の土台に別途費用が10,000円~かかります。(ファイバーコア)