歯とお口 豆知識

妊産婦の歯の健康と歯科治療

“妊娠すると子供にカルシウムをとられ歯が悪くなる”

と、昔からよく耳にしますよね?では、本当にそうでしょうか?

皆様は

つまり!!歯や歯肉が悪くなる本当の原因は、歯磨きが不十分になることや、食生活の変化がほとんどなのです!

・・・・そのうえ、
妊娠中はつわりなどで唾液が酸性に傾くため、むし歯のできやすい状態になります。
また、ホルモンバランスが変化することで、歯肉(歯ぐき)に炎症がおきやすくなります。
これを妊娠性歯肉炎といいます。

←妊娠性歯肉炎もひどくなるとこのように歯肉が腫れてしまいます。

では、このような歯肉炎を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか?

妊娠中、つわりの時などは、
  • 食後にうがい薬を使ってうがいをし、できるだけお口の中を清潔にする。
  • 歯ブラシが大きいと吐き気をもよおすので、小さめの歯ブラシを使用してみる。
  • 食後、気分が悪くなったら無理をせず、調子が良くなってから磨く
妊娠中、つわりの時などは、
  • 歯の治療はなるべく妊娠の安定期(5ヶ月から7ヶ月)に受診するようにしましょう。
  • 育児が始まると忙しいものですが、できるだけご出産後も定期的に検診を受けることをお勧めします。
  • ご家族の歯の健康は、お子様にも影響します。ご家族そろってお口のケアをしていきましょう!