歯とお口 豆知識

喫煙による歯の汚れ

タバコに関するちょっとこわ~い話

喫煙は口の中に多くの変化をもたらします。喫煙者と非喫煙者の口の中を写真で見て比べてみて下さい。

  • 図1
    非喫煙者
  • 図2
    ヘビースモーカー
図3
改善した歯肉

図1 (健全な歯肉) 歯ぐきは薄いピンク色でつやがあり、歯と歯の間の歯ぐきが三角形に引き締まっています。
図2(ヘビースモーカーの歯肉)タバコを一日30本吸っています。歯ぐきが全体に赤く腫れ、歯と歯の間の歯ぐきが丸くボコボコした感じになっています。歯周病が進行し、歯の位置が変化したため、前歯が離間してきています。歯と歯ぐきにヤニがつき、黒くなっています。歯には磨き残しや歯 石がついています。(上の前歯にみえる黒いものが歯石です)
図3(禁煙、歯科治療後の歯肉)歯ぐきの腫れが改善し、色がピンク色になってきました。

  • 喫煙は歯周病を進行させます
  • 口臭がきつくなります
  • 歯や歯ぐきがヤニで黒く着色します
  • 口腔ガンになる可能性が高くなります

まずは本数を減らしてみてはいかがでしょうか?