TOPICS

「老に学ぶ」

2016/12/16

「老」。強いもの、若い者が良いと思われる世の中では、良いイメージがないようです。一方で、「老」には、大老・老中のように知恵者・徳の高い人の意味合いもあるようです。この本を通して、自分がどのように年齢を重ねていき、どのような「老」目指していくか考えたいと思いました。

本の感想、おすすめの本などの皆様のコメントお待ちしております。
名前やメールアドレスは表示されませんのでお気軽にどうぞ。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。