TOPICS

「小倉昌男 祈りと経営」

2016/05/03

DSC_0542

名経営者と名高い、「小倉昌男」を別の角度から描いた本。家庭にいろいろな問題を抱えつつ、懸命に生きていた姿が見られます。経営者としての本で読んだ「小倉昌男」は、その人の仕事や業績を知ることであり、その人の一面でしかないことを実感しました。

本の感想、おすすめの本などの皆様のコメントお待ちしております。
名前やメールアドレスは表示されませんのでお気軽にどうぞ。

コメントを残す

入力エリアすべてが必須項目です。メールアドレスが公開されることはありません。

内容をご確認の上、送信してください。